二輪草

ひとつの茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸びることから付けられた名前です。花は片方が少し小さく、可憐な白い花で カタクリの下で咲いています。探してみてください。