足助の寒茶

毎年、大寒の頃の風物詩、寒茶つくりが始まっています。

香嵐渓の足助屋敷の桧茶屋の前では、山から枝ごと採ってきたお茶を枝ごと蒸しています。

大きな桶で

蒸すと、枝から茶葉がパラパラとれます。

天日干しして乾燥させると足助寒茶のできあがりです。

ひなびた味、やや渋みの中にもまろみがあって安心できる山里の味です。